静岡・浜松の婚活&結婚相談なら会員数10万人以上のゴールド・マリッジ

静岡・浜松の婚活&結婚相談所【ゴールド・マリッジ】

2016年8月19日

「結構、いっぱいいっぱいです」

pixta_1490444_S

ゴールド・マリッジの平野です。

「結構、いっぱいいっぱいです」

先日、当スタッフとプライベートを含めて話し合っているときに

出た言葉である。

 

仕事もいま忙しくなってきて、本人も力を入れたいという気持ちと、

二人目の子供が出産したばかりで、奥さんへのフォローや

子供の面倒を見なくてはならない現実に対して、漏れた言葉だろう…

 

言葉ではイメージできるが、実際の子育ては二児の親でもあり、

経験したものからすれば家庭と仕事の板挟みから非常に精神的にも

肉体的にも苦しい時期であり、逃げ出したくなる圧迫感は想像をはるかに超える…

 

でも、こんな経験を実際したからこそ気づき、感じられたことは、

 

両親への感謝とその苦労である。

 

「生まれたばかりの記憶がないので、わからなかったこと・・・」でもある。

 

でも、自分が今こうして成長し、結婚して子供を育て、

喜びや苦しみをリアルに感じ

記憶のなかった時期にこんなにも両親が大変な思いをして

自分を育ててくれたことを実感すると

子供を愛する思いが=両親が自分を愛する愛情だと素直に感じる事が出来る

改めて自分の存在価値に気づかされた瞬間でもある。

 

現在、私の判断で、このスタッフには育児休業制度を活用して、

仕事上での用事があるときのみ出勤してもらい、

かつ、早く上がれるときは定時前でも帰らせている。

 

人生の内で生まれたばかりの子供を奥さんと一緒に、夫婦で育てられる

時期は限りがあり、そうそうないことだからこそ、今のこの時期を大切に

して欲しいと思っているからだ。

(恥ずかしい話、自分が当時、奥さんに苦労させてしまったことから、

部下の家族(奥さん)にはそうなってほしくない気持ちがあるからでもある)

 

まあ、彼本人からすれば仕事に対する責任感ややりがいから、

仕事に集中したい気持ちと、家族を大切にしたい気持ちとの

ジレンマがあり、よくその気持ちもわかるけどね…

 

いろいろあるから人生は濃く、面白い!

 

自分が子供を持つ親になったばかりのころ

公園などで別のファミリーを見ると、

その家族の父親に対して、なぜか「あの人も大変な思いしているんだろうな・・・」と

勝手に親近感を感じてしまったり、とにかく家庭を持っている親に対しての見方が変わったことがある。

 

と、同時に人に対して優しくなれるようになったことも実感する。

 

生活に対する考え方、責任感も変わる

二人目の子供が出来たとき

保険や住居、今後もことを見直すことが多くなったため

それらに精通したファイナンシャルプランナーの勉強を始めた。

 

保険のこと、経済のこと、税金や相続のこと…

家族を守っていくために必要なことを得るためだ。

 

金銭的にも当時余裕がなかったため、

「知らなかった」で損をした責任は自分であり、

それはイコール家族の損でもある。

 

そのようなことを防止するために、今まで興味のなかったことを勉強し、

勉強することで、世の中の視野が広くなったことを実感したことがある…

 

 

少し脱線してしまったが・・・

 

人生は一度しかない

 

そして、家庭を持つことは、その人生を非常に濃密なものにし、

その意味では、結婚は確かにあなたの人生の質を高め、

人間的成長へと繋げてくれるものとなることは確かだといえるのではないだろうか…

 

婚活中の方、結婚を考えている方は

コチラから結婚相談所比較を見ることができます↓

http://gold-m.info/type.html

 

 

 

 

WinWinWinメンバーズカードを手に入れる

平野啓三BLOG

小林健太BLOG

最新レポート

実践レポート

Copyright © 2015 GOLD MARRIGE Co., Ltd. All Rights Reserved.

会員登録はコチラ